So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ioPLAZA【DVDミレル】
2018年04月04日のつぶやき 201..行田ロゲイニング : #行田 #ロゲイニ.. ブログトップ

決戦!賤ヶ岳 : #決戦!シリーズ #賤ヶ岳 #歴史小説 [読書]





決戦!シリーズ第7弾は賤ヶ岳!
羽柴(豊臣)秀吉と柴田勝家が戦った賤ヶ岳の戦いで英雄として称えられることになった7人(賤ヶ岳7本槍)のそれぞれの話です。

以下の短編集です。
・「槍よ、愚直なれ」 :(著者)木下昌輝
主役:加藤清正
歴史小説の王道のような話です。虎之助(清正)の生真面目な性格が幼馴染への恋心と戦の策略の中で描かれています。

・「糟屋助右衛門の武功」 :(著者)簑輪諒
主役:糟屋武則
助右衛門(武則)は織田家と対立していた別所家に仕えていた糟屋家の次男。助右衛門は家督を継いだ兄から家系を途絶えさせないために織田側へ付くよう言われ、今は秀吉の小姓として仕えている。いわば「寝返り者」であるため、周囲との和は乱さないことだけに気を付け、武功には興味がなかった。そんな者が賤ヶ岳でどう戦い、その後7本槍としてどう過ごすのか。

・「しつこい男」 :(著者)吉川永青
主役:脇坂安治
不器用な安治は周囲から馬鹿にされる存在。しかも真面目さが裏目にでるしつこい性格。
この執念深さで私はこの話が一番好きです。

・「器」 :(著者)土橋章宏
主役:片桐且元
女好きの且元の話。ちょっと間抜けな感じで面白い話です。

・「ひとしずく」 :(著者)矢野隆
主役:福島正則
正則の回想録。

・「権平の推理」 :(著者)乾緑郎
主役:平野長泰
賤ヶ岳の戦いで討ち死にした石川兵助はなぜ兜を着けずに合戦に挑んだのか?権平(長泰)の推理が光る。ヒントは男色

・「孫六の刀」 :(著者)天野純希
主役:加藤嘉明
「権平の推理」では平助と孫六(嘉明)のことを書いていましたが、こちらでも同じ二人について書かれています。こちらでは男色は見えてきません。


決戦!賤ヶ岳

決戦!賤ヶ岳

  • 作者: 天野 純希
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/11/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



決戦!賤ヶ岳

決戦!賤ヶ岳

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/11/20
  • メディア: Kindle版



株主優待情報ブログ
「優待生活だよ、たかおじー」
https://takaoji-kabu.blog.so-net.ne.jp/

もよろしくお願いいたします。
<(_ _)>

スポンサードリンク



nice!(58)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 58

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。