So-net無料ブログ作成
検索選択

ioPLAZA【DVDミレル】

2017年07月25日のつぶやき 2017/07/26 [ツイート]


2017年07月24日のつぶやき 2017/07/25 [ツイート]


2017年07月20日のつぶやき 2017/07/21 [ツイート]


2017年07月18日のつぶやき 2017/07/19 [ツイート]


2017年07月17日のつぶやき 2017/07/18 [ツイート]


2017年07月13日のつぶやき 2017/07/14 [ツイート]


2017年07月11日のつぶやき 2017/07/12 [ツイート]


2017年07月10日のつぶやき 2017/07/11 [ツイート]


2017年07月08日のつぶやき 2017/07/09 [ツイート]


仇敵 : #仇敵 #池井戸潤 #小説 [読書]

池井戸先生の作品は善悪のはっきりしたものが多くてわかりやすくて好きです。

以前いた銀行で汚職している役員を追い詰めきれず、自分が辞めさせられる羽目になってしまった主人公の話。何とか別の銀行に再就職して庶務行員という作業要員のような業務をしていたところ、そこの若手行員の相談に乗ってあげることが何かと増えてくる。助けているうちに元職場の汚職役員とつながりが出てきて今度こそと汚職の証拠を探る。

前の銀行ではエリート行員として勤めていたのに、汚職役員に勝てず自分が退職することになって、駐車場整理のような役目の庶務行員として第2の人生を歩んでいた主人公。
こんな生活もいいなと思い始めていたところに、また汚職役員との関係が出てきて、今度こそと怒りの炎が再燃する。普通の人なら会社を辞めたらもう首は突っ込まないと思うのですが、そこは正義感の強さの表れですね。
現職場の何かしらの問題に常に前職場に関連していた悪党が関与していて、1つずつ(1話ずつ)問題を解決していきます。
そしてクライマックスに向かいます。

なんとな~く、話の全体構成に違和感を感じますが、そういうものだと割り切れば面白い読み物です。











nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
株主優待情報ブログ
「優待生活だよ、たかおじー」
http://takaoji-kabu.blog.so-net.ne.jp/

もよろしくお願いいたします。
<(_ _)>